MENU

【衝撃の事実】債務整理してもブラックリストには載りません

目次

【衝撃の事実】債務整理してもブラックリストには載りません

今回は借金でよく聞く「ブラックリスト」って何なのよ?というギモンにお答えします。
この動画をみれば、ブラックリストに載ってしまった場合の自分の置かれた状況を理解できると思います。

しかし、恐れることはありません!対処法についてもしっかりとお伝えしますのでご心配なく。

ぜひ最後まで動画をご覧になって、ご自身の借金を見つめ直していきましょう。

楽天カードの主要5種類を比較!もっともお得になるカードを選ぶには?

【有料級】借金から合法的に逃れる!?弁護士が債務整理や自己破産について分かりやすく解説!
https://www.youtube.com/watch?v=lsynn091zuY

【衝撃】自己破産ってかんたんにはできません。
https://www.youtube.com/watch?v=DfMcKw7yor4

■ご依頼・ご相談はこちらからお願いします!
https://affitra.jp/l/c/mPjZMR71/3RpwHV36

■チャンネル登録はコチラからお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UC3zuCTNN8RcMRpBuHUy8L4g?view_as=subscriber

①弁護士ビーノの公式Twitterはこちらから!
https://twitter.com/bino_bengoshi

②公式ブログはこちらから!
https://bengoshi-bino.com/

③standFMでラジオ配信もしてます!
https://stand.fm/channels/5fee0b0e1f63b1cf688e94b3

■弁護士ビーノのプロフィール
弁護士登録から2年9ヶ月で独立し、5年経過した現在、弁護士3名、司法書士法人もグループとして参画し、mamoriグループを形成しました。
YouTube開始から1年で登録者2500人を達成。

弁護士 日比野 大(ひびのまさる)(山形県弁護士会所属)
弁護士法人mamori 代表弁護士
https://law-mamori.jp/

依頼者のために「For The Client」の精神で最後まで戦い抜きます。ぜひお気軽にご相談ください!

借金の整理は心身ともに疲れるけど大丈夫

再生手続を開始したいと考えても、個人再生については裁判所が再生計画を認可することが必須要件です。これが簡単ではなく、個人再生を頼むのを躊躇してしまう人が少なくないようです。
債務整理をしないまま、何度もキャッシングしてぎりぎり返済しているといった方もいると聞きます。とは言え新たに借り入れを望んでも、総量規制の規定によりキャッシング不能な人も多いのです。

借金を返せなくなったという時は、債務整理を急いで進めましょう。債務整理を開始するとなると、間髪入れずに受任通知なる文章が弁護士より債権者に向けて送付され、借金返済は一時的にストップします。
債務整理をせざるを得なくなった人の共通点と申しますと、「カードを使った支払いが多い」ということです。クレジットカードはすごく手間の掛からない決済方法かもしれませんが、上手く使えている人はそれほどいないと指摘されます。
債務整理をした人は、約5年はキャッシングができないと思ってください。しかし、本当のところキャッシング不能だとしても、生活が成り立たなくなることはないと言っていいでしょう。

債務整理は権利として保証されています

過払い金に関しましては、不法行為により請求されたものであった場合、時効の期間も3年間延長されるとのことです。ただし、確かに通用するかは分かりませんから、今直ぐに弁護士に相談した方が賢明です。
債務整理はあなたひとりでも行なおうと思えば行なえますが、一般的には弁護士にお願いをする借金解決法だと言っていいでしょう。債務整理が一般化したのは、弁護士の広告制限が解禁されたことが大きく影響したものと思います。
過払い金というのは、消費者金融等に納め過ぎた利息のことです。かつての借入金の金利は出資法に準じた上限で計算されることがほとんどでしたが、利息制限法を根拠にすると非合法となることから、過払いというような考え方が現れたわけです。
債務整理の背景にクレジットカードの存在があると言われます。殊の外安易に考えがちなのは、カードキャッシングをリボ払いという形で使うことで、これは99パーセント多重債務に結び付いてしまいます。
20年程前までは、債務整理を行なうと言いましても自己破産を選択するしかなく、消費者金融への返済が困難になったことが元凶で自殺者が出るなど、ものすごい社会問題にもなったのを憶えています。本当に現在とは大違いだと言えます。

任意整理で過払いが見つかった場合

任意整理では、過払いがない状況だと減額は困難ですが、折衝次第で好条件を引っぱり出すことも期待できます。加えて債務者が積立預金などを開始すると債権者側からの信頼性を増すことに結び付きますから、有利に働くはずです。
個人再生は必ず裁判所を使うので、債務整理のやり方に関しましては一定程度の拘束力が伴うと考えるべきです。なお個人再生を望む方にも、「それなりのサラリーがある」ということが必要とされます。
債務整理の為にキャッシングを拒絶されるのは、初めの内は不安を覚えるでしょう。それが現実ですが、キャッシング不能だとしても、これっぽっちも困らないということがわかるでしょう。
債務整理をお願いすると、受任通知を弁護士が債権者に送ります。これで債務者は1ヶ月毎の返済からそれなりの間解放してもらえるわけですが、一方でキャッシングなどは不可能になります。
債務整理に関しては、資金繰りが悪化して、ローン返済などの目途が立たなくなってしまったというようなケースで行うものでした。今時の債務整理は、褒められることではありませんが、より身近なものに変化しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる