MENU

債務整理後も携帯を使い続ける方法

目次

【10分でわかる】債務整理後も携帯を使い続ける方法

今回は債務整理後に利用できなくなってしまうもの、債務整理後も利用できるものについて解説しました!
今後の生活に不自由が生じる可能性を考えると、なかなか債務整理に踏み出せない!という方も多いのではないでしょうか?
債務整理で損をしないためにぜひご覧ください!

■破産をもっと知りたい方はこちらの動画!
【衝撃】自己破産ってかんたんにはできません。
https://www.youtube.com/watch?v=DfMcKw7yor4

■債務整理の種類を知りたい場合はこちらの動画!
ズバリ、あなたに向いている債務整理は●●です!
https://www.youtube.com/watch?v=rGeX35YMfzo

■借金の相談についてはこちらの動画!
【絶対ダメ】借金の相談をしてはいけない専門家の特徴
https://www.youtube.com/watch?v=LBKCbkMiO04

■ご依頼・ご相談は公式LINEからお願いします!
https://lin.ee/5KPdmV7

■チャンネル登録はコチラからお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UC3zuCTNN8RcMRpBuHUy8L4g?view_as=subscriber

①弁護士ビーノの公式Twitterはこちらから!
https://twitter.com/bino_bengoshi

②公式ブログはこちらから!
https://bengoshi-bino.com/

③standFMでラジオ配信もしてます!
https://stand.fm/channels/5fee0b0e1f63b1cf688e94b3

■弁護士ビーノのプロフィール
弁護士登録から2年9ヶ月で独立し、5年経過した現在、弁護士3名、司法書士法人もグループとして参画し、mamoriグループを形成しました。
YouTube開始から1年で登録者2500人を達成。

弁護士 日比野 大(ひびのまさる)(山形県弁護士会所属)
弁護士法人mamori 代表弁護士
https://law-mamori.jp/

依頼者のために「For The Client」の精神で最後まで戦い抜きます。ぜひお気軽にご相談ください!

任意整理の交渉

任意整理を行なう場合、債務の扱いについて交渉する相手というのは、債務者が思い通りに選ぶことが可能なのです。ここら辺は、任意整理が自己破産や個人再生と顕著に異なっているところだと思います。
何年間も高い金利の借金を苦労しながら返してきた人からすれば、過払い金でお金が返ってくることを知った時の感動はかなりのものだったでしょうね。過払い金により借金が消えた人も、多くいたはずです。

「債務整理するようなことだけは絶対嫌」と思うなら、クレジットカードの返済に関しては間違いなく1回払いを選択してください。そこさえ気を付ければ何の得にもならない金利を払わなくても大丈夫というわけですし、借金も作りません。
債務整理というものは、ローン返済ができなくなった時に行なわれるのが一般的です。そうは言っても、今の時代の金利はグレーゾーンではなくなり、金利の差で生まれる優位性が享受しにくくなったというのが正直なところです。
債務整理が稀なことではなくなったというのはとても良いことだと思います。しかし、ローンというものの恐ろしさが周知される前に、債務整理に注目が集まるようになったのは残念に思います。

債務整理後の生活とは

債務整理をしたことが原因でキャッシングが不可能になってしまうのは、最初の頃は不安なはずです。だけれど、キャッシングの利用ができなくなっても、少しも不自由しないことに気が付くと思います。
債務整理と申しますのは借金解決を目論むための手段ということになりますが、減額交渉には優秀な弁護士が必須条件だと言えます。わかりやすく言うと、債務整理をうまくまとめられるかどうかは弁護士の手腕に依存するということです。
債務整理が避けられそうにない人が稀にやる逃げ道に、クレジットカード現金化があります。クレジットカードを不正に駆使する現金化は、長い期間グレーゾーン扱いされてきたのですが、今は捕まります。

債務整理は弁護士にお任せする借金減額を目指す交渉を意味し、2000年に承認された弁護士の広告の自由化とも結び付いていると言っていいでしょう。2000年を顧みると、依然として消費者金融が幅を利かせていた時期です。
過払い金に関しましては、不法行為があったということが明らかな場合、時効の期間も3年延長されます。そうは言っても、本当にその通りになるのかは明白ではないでしょうから、大急ぎで弁護士に相談することをおすすめします。

債務整理すると携帯電話は使えなくなる?

債務整理におきましては、話し合いを通じてローン残金の減額を目指すわけです。一例を挙げれば、両親の援助により一回で借金返済できるというような時は、減額交渉も割と簡単なわけです。
債務整理を頼むと、弁護士が受任通知と言われるものを債権者に送りつけます。こうすることで、債務者は借入金の返済から一時的に解き放たれるわけですが、当たり前ですがキャッシングなどは拒否されます。
債務整理とか自己破産を容認してもらえないファクターの1つだと言われているのがクレジットカード現金化なのです。カード現金化に手を染めたことがある人は、昨今は債務整理が許されないこともあり得ます。
債務整理を実施したら、約5年はキャッシングが利用できなくなります。だからと言って、一般的にキャッシングできなくても、生活ができなくなることはないと言っていいでしょう。
弁護士に借金の相談をしたいのなら、速やかに行動に移すべきです。と言うのも、しばらく前まで行なわれていた「返す為に再度借り入れをする」ということが、総量規制が敷かれたために不可能になる可能性があるからなのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる